一年間の手術総件数

もうすぐ 開院して1年がたとうとしています。

この1年間の眼形成手術件数は 1874件でした。

 

今後も心をこめて手術に向き合って参りますのでよろしくお願い申し上げます。

 

自由が丘まぶたと眼のクリニック

 

アートメイクのご案内

当院ではアートメイクをしています。

 

当院で眉毛下皮膚切除の術後の方は 

30%割引なのですが、今回半額キャンペーンを行うことにしました!

 

8月いっぱいまで 2回のアートメイク、リタッチもokです。全て半額にいたします。

 

術後の方じゃなくてもOKです!

 

単回 ¥88000→¥44000

2回セット ¥154000→¥77000

麻酔 ¥2200

 

必ず「ブログを見ました」と言って ご予約お願いします!

 

施術看護師 

佐々木 みなみ

中原 万渚絵 

林 愛子 (きずときずあとのクリニック)

眼瞼下垂 切らない眼瞼下垂 タッキングについて

眼瞼下垂の手術は多くは皮膚切開から筋肉にアプローチして治療してゆきます。

全切開なので、怖いとか、傷ができるのが嫌だと言われる方ももちろん多いです。

 

全切開の傷は、二重に折り込まれますので 腫れが引けば まばたきをしながら

人と話していても傷が目立つことはありません。

 

(皮膚切開後3か月)

よく、「切らない眼瞼下垂手術」というのがあります。

これは、まぶたの裏から糸を通して まぶたを挙げる筋肉をタッキング(つまむ)し

まぶたにある軟骨の瞼板に固定する手術です。

また

埋没法を用いて、二重を作る際にその糸を用いて まぶたを挙げる筋肉を縫い縮める方法もあります。

 

当院では上記のような、「切らない眼瞼下垂手術」は行っておりません。

 

1つには 不確実性が高いからです。

 

やはり前から開けて、いちど構造をしっかり分解してから、筋肉の補正、そして組み立てるほうが微妙な塩梅も調整しやすいのです。

 

切らない眼瞼下垂で、うまく挙がらない場合は結局切開をせざるを得ませんし、そのような方が他院から多くいらっしゃいます。

 

切らないで眼瞼下垂が確実に治るのであれば、自分も受けていると思いますが 術式を専門的に考えたら、受けたいとは思いません。

 

ただし、ちょっとだけ挙げたい場合とか、眼の上の窪みが強くまぶたの形成をするのに難易度の高い症例などには、当院では皮膚を切らずにまぶたの裏からミュラー筋を切除短縮する手術を行う事は多いです。 

 

これは素晴らしいです。

 

MMCR(経結膜ミュラー筋切除術)という術式です。

 

皮膚を切らないのでダウンタイムも多少短く済みます。

 

右だけ下垂があり、眼瞼溝が深い

右のみMMCR施行後1か月 皮膚切開なし

この術式の優れたところはミュラー筋を切除して短縮するので 確実性が高いこと。

ダウンタイムの短いことです。

 

細かい見た目のご希望には添えませんが 保険適応で手術をしています。

(審美の手術も可能です)

 

術式選択は症例ごと、その人その人に合うものが異なります。

まずはご相談にいらしてください。

 

自由が丘まぶたと眼のクリニック

 

仙台まぶたと眼のクリニック

私が眼形成外科医としての修行を始めた時に

一歩前に目黒先生がいらしてました。

今思うと初歩的な質問でも親切に教えてくださったのを覚えています。

 

その後、共に勉強し修練研磨を重ね、開業医ならではの悩みを相談し合ったり 時にはプライベートでもお世話になっております。

 

東北の方 まぶたのお悩みがあるなら是非相談に行かれると良いと思います!

 

m.youtube.com